すやすや快眠生活

布団の選び方

布団で質の良い睡眠を手に入れよう

布団は毎日の睡眠にとても重要な役割を果たします。
良いもので寝るとリラックスして深い眠りにつくことができますし、寝起きもスッキリと起きることができます。
敷ふとんは硬すぎても軟らかすぎても体に負担がかかるため、起きた時に体が痛くスッキリと起きることができません。
ベットではなく畳やフローリングに寝る人は、敷ふとんの下にマットレスを敷くと背中や腰を痛めることがなくなるのでおすすめです。
程よい硬さのマットレスを敷いて寝ると、質の良い睡眠を得ることができます。
そして、マットレスは通気性の良いものを選びましょう。
掛ふとんとしては、羽毛の種類が一番良いでしょう。
それは、体にフィットして暖かく、軽いので寝ている時も重さを感じないため心地よい眠りに入ることができます。
お手入れとしては、羽毛はとてもデリケートなので、部屋の中の風通しの良いところで陰干しをするだけで十分です。
他の布団のように日光があたるところに干さなくても良いので、お手入れも楽なのです。
しかし、日光で消毒をしたいとお考えの方は、カバーをつけたままの状態で1時間程度干すと良いでしょう。
他の素材の布団とは扱いが違うので、長く愛用できるように注意して取り扱いましょう。

布団の選び方で抑えておきたいポイント

布団は睡眠をする時には必要な物でしょう。
だからこそ良い物を選ばなければなりません。
良い物を選ぶポイントとしては材質が挙げられます。
基本的に自分が寝やすい物を選ぶのが良いでしょう。
その時に考えておくべきポイントは、布団の中の温度はどれぐらいになるのか、湿気はどうか、体圧分散等を日が得る必要があります。
特に注意をしておいた方が良いポイントとして、湿気があります。
冬でも蒸れてしまうような物は選ばない方が良いかもしれません。
冬でも蒸れてしまうと布団を取ってしまって結果、風邪を引いてしまう事も多いので注意が必要です。
夏の布団選びのポイントとしては通気性が良い物を選ばなければなりません。
冬は保温性と放湿性が高い物を選ぶと良いです。
体にかけた時に密着性が良い物を選んだ方が良いでしょう。
さらに選ぶ時に抑えておきたいポイントとして、自分の住まいや寝室の状況を抑えておく必要があります。
太陽の光はどのような入り方をしているのかによっても、湿度等に変化があります。
季節によって冷房や暖房を使用される方も居ますが、その事も考えて最適な物を選ぶ必要があるでしょう。
こうする事で自分のライフスタイルに合った物を選ぶ事が出来るのです。

recommend

草間彌生 買取

熊本 不用品

防犯カメラ 大阪

相続 茨木

最終更新日:2018/4/25

『布団』 最新ツイート

@4_Knights_

ラン:朝、ジークフリートさんを起こしたら薄っすらと目を開けて俺の顔を見て「ああ、そういうことか」というような寝ぼけ顔で布団の端に寄り掛け布団を持ち上げて、さぁおいでと言わんばかりに手を伸ばしてきた。違うそうじゃないけど……けど……!!!!!!!!!

16秒前 - 2018年05月24日


@lonhua7

@hskr_tough_bot えええ。布団を敷いて

33秒前 - 2018年05月24日


@mosimosibot

>もしもし足立さん、こっちです、電話だから遠くにいると思いましたか?ふふ、正解は足立さんの布団の中でしt _プツッー

38秒前 - 2018年05月24日


copyright(c) 2009 「すやすや快眠生活」 all rights reserved.